2018.05.13 Sunday

宮本 輝 「泥の河」「蛍川」 久々に読んで2度グサッときた!

0

    こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。

    先日の連休、物が多くなっている自分の部屋を片付けていると、

    まだ青二才の社会人の頃に読んだ 宮本 輝の文庫本「泥の河」が出てきた。

    若き日に読んだストーリーが蘇り、俄然興味が起こり読んでみました。

    若い頃、この本を読んだ直後に映画も制作されて、映画も観ました。

    本を読んだとき以上に映画はもっとショックを受けて、今日まで所々鮮明に覚えています。

    あの時の衝撃は、当時はまだ世間知らずの柔な人間だったんだなと。

    この年になってまた衝撃を受けたいまでも、まだあの時の感受性が残っていたかな。



    舞台の中心。廓舟。



    文庫本当時 220円。消費税なし。今の物価の半値ぐらい。



    2作品のあらすじ。



    中の本文もかなりセピアな茶褐色。


    「泥の河」は太宰治賞を受けた作品。
    人間の怒りと哀しみ・愛しさが入り乱れた衝撃的な悲劇の物語。
    映画は小栗康平監督のデビュー作品。リアリティーで心に沁みる秀作です。
    子供の表現が素晴らしいのでスティーブンスピルバーグが「E・T」製作時に会いに来たそうです。

    「蛍川」 は芥川賞受賞作品。
    物語の最後のシーンが印象的です。
    蛍の大群のあやなす妖しげな妖光が綺麗過ぎて怖いほど。
    最後になにが起きたのか深く考えさせられます。

    この2つの小説のDVDがあるみたいです。
    DVDも取り寄せて観てみたいと思います☆

    プライベートな事にお付き合いいただきありがとうございました。



    H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
    H・P http://take-fiorentina.com
    ONLINE SHOP http://fiorentina-online.com/









    2018.05.02 Wednesday

    5月2日(水)、5月3日(木) お休み致します。

    0




      FIORENTINA 裏方担当の take です。

      BLOGでは連絡遅くなりましたが、
      5月2日(水)、3(木) 2日間お休みさせて致します。

      GW も半ば、明日からGW後半の休みに入りますが、
      皆様も思い思いのリラックスされた時間を過ごされてるかと思います。


      本日私達、広尾に出掛ける用事がありまして、
      午前中早めに出掛けて、広尾駅近くの有栖川公園を散策。

      都内の公園としては、小高い丘に小さな滝や池があったりと奥深い渓谷を作りだしています。
      起伏に富んだ散歩路と高い木々が都会の中とは思えない緑深い公園で、想像以上!
      山好きの私としては結構癒されて楽しめました♪



















      都内にこんな自然豊かな公園あること驚きです!
      地元の方々に愛されてますね。



      散策した後、ちょうどお昼時。
      以前から気になっていた「福田屋」という和食のお店。地元で評判のいいお店です。
      本業は店先で魚屋さん。お昼どきに新鮮な魚料理を出してくれます。
      今日はお刺身定食を頂きました。
      刺身も美味しいですが、お米が素晴らしく美味しかったです!
      ごはん大盛りおかわりしちゃいました(^^ゞ



      H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
      H・P http://take-fiorentina.com
      ONLINE SHOP http://fiorentina-online.com/









      2018.03.28 Wednesday

      新宿御苑 お花見 行ってきました〜♪♪

      0




        こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。

        本日定休日。
        最近、好天に恵まれ桜の満開宣言が早まっています。
        早く行かないと散ってしまうぞ、と焦る気持ちもあり、
        家族で 新宿御苑 に行って参りました。

        朝10時半頃、入苑口にはすでに長蛇の列で、人ごみで中はどうなっているのか心配していましたが、
        流石に新宿御苑は広いです。
        東京ドームの12倍の広さの中に約1000本の桜があるそうです。
        ですので、きょうの入苑者数数万人でも肩がぶつかる程にはなりません(^^ゞ

        広々とした苑内には意外と起伏に富んだ庭園など、結構いい運動にもなり身も心癒され、
        桜も堪能させて頂いた休日になりました。
        桜の花を身近に見ないと、なんとなく春を感じないのは私だけ?
















        苑内で新郎新婦の方が桜をバックに記念写真を。
        桜の花同様に綺麗でした。



        この中に人間のような顔が...
        見えませんか?
        裏方担当者の心霊写真でしょうか(笑)
        今日はちょっとだけお邪魔しました。
        失礼いたしました(^^ゞ



        H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
        H・P http://take-fiorentina.com
        ONLINE SHOP http://fiorentina-online.com/








        2017.12.04 Monday

        ☆表参道のイルミネーション☆

        0


          こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。

          12月に入って空気がガラッと変わった気がします。
          寒さも例年よりも気温の低い日が多く、
          朝晩の電車の中が防寒のコートに切り替えた方が多くなったみたいで、一段と身動きできなくなった感じです。

          本日は、メーカーの仕入れで原宿に出ておりました。
          夕方5時ともなれば、すっかり冬の夜の様相。
          表参道に出てみれば、ひと月前にはまだ青々としていたケヤキ並木がはらはらと枯葉を落としながら、
          イルミネーションの並木になっていました!
          最近はBLUE、WHITEなどいろんな色のLEDイルミネーションがあるみたいですが、
          今年の表参道イルミネーションは CHAMPAGNE GOLD のLED電球です。
          煌びやかな暖かみのあるイルミネーションがしっとりとして目にも優しいですね。











          CHAMPAGNE GOLD のLEDは、まだケヤキの黄葉が残っている木に良く映えますね!
          バッチリのコーディネイトです☆




          決して若くない私の眼にも優しい CHAMPAGNE GOLD イルミネーションでした。


          店頭には今季の冬物商品がほぼ8割ぐらいは入荷しております。
          結構、厚みのあるニットや防寒コートなどでラック、ガラスケースがパンパンです(^^ゞ
          どうぞ、ごゆるりと宝物を探すような気分でくまなく隅々までご覧ください!
          ご来店お待ちしております☆



          H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
          H・P http://take-fiorentina.com
          SHOP BLOG http://ameblo.jp/life-style320











          2017.11.15 Wednesday

          今年も登場!100人のコビトサンタ達のX'mas!!

          0

            今年も登場しました!
            梅田阪急のウィンドーディスプレイに。
            100人のコビト達が X' masの時期になると賑やか登場します。
            いつもこのウィンドーは四季折々のテーマにそって、季節感を楽しませてくれます
            思わず足を止めて見入って楽しませて頂いています。
            ハローウィンが終わったら X' mas 。
            コンコースに面した7面のロケーションの違ったウィンドーに、コビトサンタ達が表情豊かに遊んます。




























            いつのまにか童心に帰っているおじさんがいました^^;
            梅田阪急さん、いつも夢のあるディスプレィありがとう!
            2017.10.04 Wednesday

            カラッと秋の空 ♪♪

            0
              こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。
              今日は、大阪郊外の茨木市の実家に私用で来ています。
              久しぶりに朝からカラッと晴れて爽やかな朝ですね〜
              今日はのんびり自転車で寄り道しながらの散歩と買い物です。
              学生時代はこの狭い畦道を自転車で通ったなぁ...
              まだまだ、田んぼが広がる茨木の里山風田舎町なんですが、私としては落ち着きます。
              変わって欲しくないんですが、最近、大型の倉庫とかマンション多くなりました。
























              10月本格的な秋日和、お出かけが楽しくなりますね!
              アウトドアに都心にとオシャレしてお出かけ下さい☆

              2017.09.16 Saturday

              『TAKE IVY』 というファッション雑誌ご存じですか?

              0


                こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の TAKE です。

                先日、アパレルトータルの合同展「ROOMS」に行って参りました。
                会場の中でアパレルではないですが神田の古書店が、
                1960年代からのファッション雑誌の展示即売のブースがありました。
                anan、nonno、popaeなど色あせた雑誌のなかに、
                1965年に発刊された『TAKE IVY』という雑誌を発見!
                私が買ったのは高校生の頃で、雑誌というよりも教科書みたいなものでしたね(^^ゞ

                迷わず買って帰り『TAKE IVY』の中を拝見しました。
                1960年代のアメリカのアイビーリーグのキャンパススナップの写真、所々覚えていていました。
                蘇ってきました当時の私の日曜日のスタイルが。(平日は部活で学生服で一日が終わっていました)
                この本を真似て、日曜日は仲間たちと梅田、心斎橋に訳もなく出掛けていましたね〜笑











                1960〜1970年代に一世を風靡したメンズファッション「アイビースタイル」。
                TEKE IVY』は1965年に発刊され、AMERICAN Toradititionalの「アイビースタイル」のバイブルとも称された幻の本。
                当時のファッションメーカー VAN JAKET のスタッフがアメリカ東部の名門私立大学8大学(アイビーリーグ)のキャンパスの大学生活を撮影したもの。
                当時の大学生のリアルなアイビーファッションが衝撃的で日本のファッションをも大きく変えた本ともいえます。
                古書店のオーナーさんのお話では、2009年には本国アメリカでも発刊され5万部売れるヒットとなり、日本でも2011年、VAN JAKETの石津謙介氏の生誕100年記念に再出版されたそうです。


                この『TEKE IVY』は、メンズファッション界の中でも脈々と語り継がれていたり、
                昨年は「popae」40周年を記念して『TEKE IVY』特集しておりました。
                現代版の アメリカのアイビーリーグのキャンパススナップの写真ですね。
                私たち世代から見ますとかなりカジュアルなスタイルにみえます。
                現代版もオシャレですが、50年前の『TEKE IVY』は日本の若者ファションを変えた本だったんですよぉ〜
                原点に帰りたいときに見たい本ですね☆





                2017.09.06 Wednesday

                勝沼ぶどう郷に遠足♪♪

                0

                  こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。

                  本日は定休日、家族2人で日帰り遠足に行って参りました。
                  実は、昨年ひとり遠足でちょうど今頃訪れた 山梨勝沼ぶどう郷
                  山梨の他の名所など散策したんですが、
                  ここが一番印象に残り、こころ落ち着く景色の場所で静かなぶどうの郷です。
                  今回は特に、葡萄が目的です。
                  昨年、ぷら〜と立ち寄ったぶどう園で試食させて戴いたら、驚きの甘さ、美味しさでした!
                  買って帰り少しずつおすそ分けしたらご好評だったので、
                  今年は調子に乗り気合入れて大人買いです!(笑)



                  今日の山梨は曇り。前日までの予報は雨マークが半分だったので上々の天気です。
                  気温も25℃ないくらいで、昨年の暑さとは大違いです。


                  高台の駅のホームから、今日散策のコースを展望。
                  ほんとうにこの駅のホームは見晴らしのいいところです。
                  乗降客がほとんどなく、ベンチで景色見ながらティータイム。




                  ぶどう畑を散策。いろんな美味しそうな葡萄を見られて、ついつい興奮気味。ゴックンです!


                  樹齢何年でしょうか、立派な木ですね。
                  ですが、最近次々に美味しい新種が開発されていますね〜


                  ぶどう畑を散策している中に、野に咲く朝顔(昼顔)が可憐に咲いていました。
                  都会の中には外来種の朝顔がよくみられますが、小さく淡い色合いの朝顔はやはり古来からの日本的な朝顔。








                  勝沼の町とぶどう畑が見渡せる、ぶどうの丘公園。
                  ぶどう狩り、直売所や甲州盆地を見渡せて入れる温泉「天空の湯」があります。
                  散策の途中、温泉で汗流させて頂きました(^^ゞ






                  散策の〆にここ山梨のご当地の郷里料理 ほうとう。
                  平打ち麺と季節の野菜を白味噌で煮込んだほうとうはずっしりと満腹感。


                  持ち帰ってきますた〜
                  重たかったですが、捥ぎ立ての美味しさを堪能!!
                  私の美味しい好みベスト3です!
                  NO1 シャインマスカット(緑)!新品種 まだまだ少量ですが皮まで甘く美味しい人気が出て供給に間に合わないとのこと。
                  NO2 クイーンニーナ(赤) ! 新品種 鮮やかな赤の大粒。糖度も22度くらいでとても期待されています。まだ苗木で少量生産です。
                  NO3 ピオーネ(青) ! 種のない大粒のは今ぶどう畑一番の人気。しまった果肉と皮に少し酸味もありバランスのとれた品のある甘さ。

                  試食させて戴いた中から、私個人本位の勝手な品評させて頂きました☆


                  H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
                  H・P http://take-fiorentina.com
                  SHOP BLOG http://ameblo.jp/life-style320








                  2017.08.15 Tuesday

                  生まれ故郷 鹿児島に帰る

                  0

                    こんにちは〜 FIORENTINA 裏方担当の take です。
                    私 お盆のお休み頂きまして、生まれ故郷鹿児島に10年ぶりくらいに行って参りました〜
                    急ぐ旅でもないので、福岡の姉に顔出ししたり、新幹線など使わず下の在来線を乗り換え、乗り継いで宮崎の親戚、鹿児島の生まれ故郷の親戚などに顔出して参りました。
                    小さい頃に観ていた風景がさほど変わらないまま残されていました。
                    駅や家、山々がなんとなく小さく感じてしまったのは歳をとったせいかな?













                    私の田舎は、ますます草深い田舎風情になってきていますが、こころの中にある故郷はいつも同じ風景なんですねー
                    九州どこへ行っても田舎料理を堪能して参りました♪
                    地味で渋ーい自由気ままな旅でした☆
                    2017.06.01 Thursday

                    大人の春の遠足 奥日光に行ってきました♪♪

                    0



                      こんにちは! FIORENTINA 裏方担当の take です。

                      昨日は定休日、奥日光へ行って参りました〜!
                      奥日光は大好きなところで、春夏春冬10回以上は行っていますね。
                      奥日光というところは、いろは坂を登りきった中禅寺湖から奥をそう呼ぶものだと思っています。
                      今年は、5月下旬から6月にかけて春から初夏への移行期で、新緑が美しく、一年でもっとも爽やかな季節なんです。
                      咲く花の種類も多く、クリンソウ、シロヤシオ、アカヤシオ、ズミ、レンゲツツジなどの花と新緑が楽しめました。
                      意外と、奥日光は梅雨がないらしく、下界とはやはり違う別天地なんですね〜




                      東武日光駅。駅前からバスで40〜50分で別天地中禅寺湖、更に30〜40分で戦場ヶ原に向かいます。


                      中禅寺湖に到着。迎えてくれるのは男体山とニ荒山神社の大鳥居。
                      大鳥居をくぐって戦場ヶ原、湯滝に向かいます。


                      こちらが湯滝です〜♪
                      天空から白糸のように流れ落ちてくる滝。水しぶきで涼しいー!


                      戦場ヶ原の整備された木道。安心して散策できます。
                      おしゃべりもはずみます♪


                      壮大な戦場ヶ原と男体山。
                      奥日光戦場ヶ原をまだ知らない頃の私は、戦場ヶ原は戦国時代などで、川中島の戦いのように武士達が戦った跡の古戦場だと思っていました。恥ずかしながら。
                      当地の言い伝えでは男体山の大蛇と赤城山の大ムカデが中禅寺湖の奪い合いで戦った跡だそうです。
                      雄大なロマンのある言い伝えですね〜。


                      雄大な男体山。神が住む山に、来年あたりは頂上まで是非アタックしてみたいです!


                      こちらのきれいな建物は、最近整備された英国大使館別荘記念公園です。
                      この辺りは大使館の別荘が多いそうです。


                      湖畔の森に囲まれた歴史あるイタリア大使館別荘記念公園。
                      石造りと木造の和洋折衷的な建物です。


                      英国、イタリア大使館別荘跡のすぐ前の湖畔。
                      山々と中禅寺湖の壮大な景色が広がるロケーション。
                      良いところにありますね〜 別荘ほしいー!(叶わぬ夢(^^ゞ)


                      中禅寺湖の代表的な花。シロヤシオ。
                      新緑の枝葉によく映えて、とても清楚の感じですね。


                      こちらは、戦場ヶ原あたりでよく見かけたズミの花。
                      まだ蕾の頃は真っ赤なんですが、咲き誇ると真っ白な花に変わっていきます。
                      冬は葉が落ちてトゲトゲしい枝木ですが、こんなに可愛いらしい花を咲かせるなんて想像しなかったです。

                      日光東照宮あたりは観光客が多く、苦手ですが(^^ゞ
                      奥日光は一年に一度は訪れたくなるところですね!



                      H.P、ONLINE SHOPもご覧下さい↓↓
                      H・P http://take-fiorentina.com
                      SHOP BLOG http://ameblo.jp/life-style320








                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 初夏のおやつ…グミの実
                        subaru (05/22)
                      • HiROMI THiSTLE(ヒロミ シスル) 袖口と裾にレースをあしらった Aラインブラウス BLUE STRIPE、WHITE
                        イズ (05/22)
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM